セミナー行こうよ!

2005年10月13日

手帳の目的

ビルダー病の話(昨日の続きです)

目的を追う過程で、目的と手段の区別がつかなくなったり、目的から外れていると気がついても、それが面白く興味を引くようなものだったりします。

私の仕事で、最も多くそれを発病するのが、IBMのホームページビルダーですね。びっくりするほど多機能で、その機能を全て別々に購入したら7〜8万円にはなるかと思われる機能が、1万程度で買えてしまうのです。

そして、それを操作してみると・・・ついつい、余計なことをやってしまうのですね。本文が読めないほど賑やかな背景画像だったり、文字が動いていたりしませんか?


内容は堅い弁護士さんのページでも、蛙が跳ねていたり、オフロードバイクが走っていったりするのをみると驚いてしまいます。

目的を持ってホームページ作りに取りかかったのですが、目的に必要の無いことに多くの時間を費やしてしまう、これがビルダー病です。

東京の大型店で、ずらりと揃ったリフィールを見ていたら、これのどれかに自分の使いやすさを見い出せば良いことと思いました。リフィールを研究&作成することに多くの時間とお金をかけていたら、本来の目的に反していますね。

マイクロソフトのアクセスを覚えたての頃に、「なぜ、この機能が無いのかな?」などと不思議に思って、VBを駆使したりしたものですが、時間と共にわかったことは、必要としない機能だから無かったのです。

そう考えると、世界中で沢山の人が使っている手帳は、長年改良されていることでしょう。そのバリエーションに見つからないものは、あまり必要性が無いと言うことかもしれません。

そう思いながらも、たまたま新幹線の中で読んだ雑誌「THE21」に載っていた、マンダラートリフィールは自作しようと思ったのですが・・・。


mokomix at 12:28│Comments(0)TrackBack(0)手帳 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
コメント



tomcat.co.jp & web-seminat.jp
ホームページ制作/ マーケティングセミナー/ 中小店は情報発信で活!/