セミナー行こうよ!

2005年11月01日

紹介文

紹介や説明を書く場合は、無理な漢字は使わないようにしましょう。


パソコンの変換では普段使わないような漢字でも変換で次々と出てくるので、ついつい難しい漢字を使ってしまったりしますが、ごく普通の言葉で書いたほうがわかりやすいし、伝えたいことが伝わる筈です。

そして、普段の会話で使うような言葉を選ぶと良いでしょう。ちょっとしたコツは、あなたの目の前に誰かを想定しましょう、商品によりますが、家族、隣の子供、親戚のおじちゃん、仕事仲間・・・など、紹介する商品を必要としそうな方が目の前にいると想像してください。そして、その方に商品の魅力を伝える会話だと思って書くと良いでしょう。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
コメント



tomcat.co.jp & web-seminat.jp
ホームページ制作/ マーケティングセミナー/ 中小店は情報発信で活!/