セミナー行こうよ!

2006年03月05日

写真の役割

---人気blogランキングテスト中---

ホームページを自作している人で、写真を多用している方は多かったですね。

それで、画像もいいですがテキストをもっと増やしましょうと、あちこちの現場で話してきました。

いつのまにか、それが癖になってしまい、画像と文字の役割が曖昧になってしまっていました。

先日のセミナーの中で気がついたのですが・・・

写真は文章を読ませる効果がある!ということ。そうですね、長〜くて読むのが疲れる文章で飛ばし読みしてしまう時でも、写真の前後の文章だけ読んでいたりしませんか?

ましてや、興味がある写真だったら、その前後を読み返したりすることも多いのではないでしょうか?

時には、こんなことも意識して構成を考えるとよいかもしれません。

-------------------------------
3月20日
広告戦略 アクセス数を増やすために必要なこと!


mokomix at 23:05│Comments(4)TrackBack(0)WEBの小技 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by narinari   2006年03月06日 12:45
確かに。情報の文章化って難しいですよね・・・見れば一発でわかるのに・・・っていう引継ぎが多々あります。口頭でしかニュアンスが伝わらないことがありますが。。。。写真が使えない時はどー攻めますか???
2. Posted by 川島康平/ネクストサービス   2006年03月06日 15:06
私は前職を辞める際、引継ぎマニュアルを25冊作りました。

その時はプリントスクリーンが役に立ちましたね。

言葉だけの伝達って本当に難しいですからね。

特に私の稚拙な文章では・・・
3. Posted by 中沢   2006年03月06日 21:40
narinariさんこんばんは

写真が使えないときですか。
文字だけというのは難しいですね、
私のメモや説明に使った紙切れは
絵ばっかりだったりしますから。
4. Posted by 中沢   2006年03月06日 21:43
川島さんこんばんは

マニュアル25冊は凄いですね。
引継ぎではなくても、社内マニュアルが
必要になっている企業さんが沢山あります。

・・・あ、企業内マニュアル作成部門も、
はじめたらいいかな。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
コメント



tomcat.co.jp & web-seminat.jp
ホームページ制作/ マーケティングセミナー/ 中小店は情報発信で活!/