セミナー行こうよ!

2007年11月22日

ネクストポイントを3つ用意する

田舎の小さなお店のマーケティング
キャッチ&ネクスト

レジュメの8ページで

セミナーレジュメ

説明を省いた部分を補足します


上から4番目の

壊れたから探す人は 消極的な探し方なのです

 

例えば 腕時計が壊れてしまったから

「いや〜また出費かぁ」と言う人と

5番目の 飽きたから買う人の違いを想像してみると

 

飽きたから買う人は

もっと良い物〜と探してくれます

でも

壊れたから買う人は

出費も勿論 探す時間も惜しいと

思っているかもしれません

 

安くて普通の商品を見つけたら それを買う

今までと同じ物を見つけて それを買う

それだけで終わってしまうかもしれません

 

こんな提案はいかがでしょうか?

アマゾンで有名な?

この商品を買った人はこんな商品も・・・

この方法です

 

あくまで押し売りするのではなく

お客様がもっとメリットが有るものを

提案するという考え方です

時計

お買い得品A01がキャッチ

ネクストは・・・

A01でよい人は→お申し込み

グレードを高めたい人は→A31

女性向けの提案が→A21

ネクストポイントを3つ用意した例です

BlogPeople「仕事/マーケティング」ブログランキング


mokomix at 12:59│Comments(2)TrackBack(0)仕事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by アスクミー   2007年11月23日 16:24
そうかっ!
A01が次郎で
A31が太郎で
A21が花子ですね。

次郎が、一番人気ですね。

次郎は、太郎より気さくでいつも居酒屋でいっぱいなんて・・・
2. Posted by 中沢   2007年11月23日 23:25
アスクミーさんこんばんは

はは〜、さすがですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
コメント



tomcat.co.jp & web-seminat.jp
ホームページ制作/ マーケティングセミナー/ 中小店は情報発信で活!/