セミナー行こうよ!

2007年11月26日

それに相応しいか?

あかりんさんのブログで 見つけた言葉

 

今年 何度も何度も 重く重く

言われ続けた言葉があった

「この内容を書くのに相応しい人か!」

そう・・・出版塾です


人に納得していただくためには

相応しさが必要なのです

 

但し 多くの場合 「相応しさ?」を

考えている人は 逃げています

 

すみません もう少し正確に言うと

相応しいか 相応しくないかを

考えるのは 逃げている様にしか見えません

 

本当に前向きならば

どうやったら相応しくなるかを

考えているはず

 

非常に難しい出版に挑戦しようと

集まった仲間の大半が

ほんの僅かの期間で去って行きました

 

「私が相応しいのは?」

こういった考えをした人が去って

「どうやったら相応しくなるか!」

こう考えた人が 残っていると思います

 

最初から

相応しい人なんて居るはずが無い!

誰だって

相応しくなるために努力してる

 

そして そんな問題以前に・・・

 

我々 起業組みが 2代目3代目組みの方に

言われがちな事

「好きな仕事でいいな」

これも「相応しいか?」の問題なのか・・・

 

そう考えると 私が作っているものは何?

デジタルデータ・・・

間違って磁石を近づけたら消えちゃうような物

そんな物が 好きなわけじゃないよ

 

正直言って

形のある物を売っている人が

うらやましく思えることも多いです

先日の 木ワードの木工職人さん達

大工さんも うどんやさんも 車やさんも

出来上がった品物を「はい!」って渡す時

素敵な瞬間だなって見ています

 

でも そんな職人さん達に聞いてみると

お客さんの 笑顔が一番嬉しいって・・・

 

そう 私だって

キーボードを叩いたり マウスを動かして

デジタルデータを作るのが楽しいわけじゃない

その先で お客さんが喜んでくれるから

 

結局は・・・

 

視線が手元に落ちてしまうと

手元の物が 相応しいか? なんて思うけど

その先にいる

お客さんに喜んでもらうのが仕事だ!

そう考えると 手元の商品が相応しいかなんて

全く関係ない物だよ

 

お客さんに喜んでもらえるために

自分が出来ることをする

その 自分が出来ることが「仕事」

 

手元を見ると

相応しいか 相応しくないかが気になり

その先を見ると

相応しくなるには どうしたら良いかが

気になってくるのではないかな

BlogPeople「仕事/マーケティング」ブログランキング


mokomix at 22:13│Comments(2)TrackBack(0)仕事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 塩原温泉彩つむぎ女将   2007年11月27日 22:04
う〜ん。鶏が先か、卵が先か。
みたいな難しい話のようですが、どんな仕事でも、要はお客さまの笑顔ですよね。
また、他人の仕事はよく見えて当たり前。最初からできなくて、当たり前。
ふさわしいか、ふさわしくないか・・・自分で結論を出すのは難しくて当たり前。自分で出すものではないのかもしれませんよ。
目的と夢を持って継続努力していけば、おのずと結果と資質がついてくるように思います。
2. Posted by 中沢   2007年11月27日 22:49
彩つむぎさんこんばんは
コメントありがとうございます

> 自分で出すものではないかも
なるほど〜そうですね

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
コメント



tomcat.co.jp & web-seminat.jp
ホームページ制作/ マーケティングセミナー/ 中小店は情報発信で活!/