セミナー行こうよ!

2007年12月10日

気持ち悪すぎるくらい愉快な青年部

とんでもない!

一生物のサプライズを目撃して

驚きましたよ

仲間の祝いに最高の舞台でした

で、でも・・・


冷え切った体を温めに行った店に

入っての一言目が

「いやぁ〜、入っているなぁ」と私

そうしたら青年部のメンバーが分析開始

 

このメニュー XXが多いですよね

それなのに ZZが無いんですよ

 

今の時期なら

間違いなくZZは定番だよね

 

私が思ったのは

ZZをやらないって 強烈な判断!

 

XXが得意なんです!

このあたりまでは 言えるお店が少数

しかし

ZZはお客様が喜びますから

そんな理由をつけて

ZZをやろうとする

 

お客様の為にチャレンジします!

 

カッコいい言い訳ですね

 

得意なXXを極めようともせずに

ZZで売上を補おうとする

それは チャレンジじゃなくて逃げ

 

お客さんが この店に求めているのは

XXなんだから!

 

遅い時間になり

店のマスターが 私たちのテーブルに来た

「なんで ZZが無いのですか?」

よっぽど 嬉しい質問だったらしく

とても嬉しそうな顔で

「うちはXXが得意なんですよ

 それしかないから・・・」

 

うわぁ〜

青年部の連中も気持ち悪いし

ココのマスターも気持ち悪いよ

根っからのマーケッター揃い!

 

あと10年もして

青年部のメンバーが第一線に立ち

活躍する時代になったら

「マーケティングの街 西那須野」

こんな形で有名になっているかも?

その時でも ココのマスターは

「うちはXXが得意なんです」

こんなことを 言っているのだろうなぁ?

 

最後になったが 一志さん幸せにね!


mokomix at 01:40│Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 朝青龍   2007年12月10日 07:27
5 昨日は、心温まるサプライズありがとうございました。感動でした。
2. Posted by 梅原/へあ〜さろんはぁと   2007年12月10日 10:42
5 得意なものを極める・・・
不得意なメニューをなくす。
なんでもやればいいってもんじゃ
ないんですね・・・
勉強になるなぁ・・・


3. Posted by 中沢   2007年12月11日 05:14
朝青龍さん
サプライズの現場に
いられただけで嬉しいです

梅原さん
いろいろな考え方が
ありますから
何が正解って事は無いと思います

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
コメント



tomcat.co.jp & web-seminat.jp
ホームページ制作/ マーケティングセミナー/ 中小店は情報発信で活!/