セミナー行こうよ!

2008年04月06日

それで、どうなるの?

出版会議 出版塾 出版セミナー

いろいろ出席してきました

共通して 重要視されているのが

 


読んだ人に どうなって欲しいの

読むと どうなるの

読んで 何が変わるの

 

このような言葉です

他にもいくつか有る

ポイントを含めて

勉強していると

チラシやPOPなどにも応用できます

 

例えば セミナーの案内を作るとき

その内容を羅列するよりも

 

セミナーに参加すると

  何が出来るようになる

  どのように変わる

このあたりを上手く表現できると

参加者が集まりやすい

 

企画側や主催者は

一生懸命内容を伝えたがりますが

参加者にしてみれば

内容よりも 結果が知りたい

 

先日の出版会議でも

税理士を変えたら

  こんなことがあった

  あんなことがあった

発表者が説明していました

 

そこまでは 他の参加者も

なるほど・・・なるほど・・・

と 聞いていましたが

 

佐藤専務と編集者から

「それで どうなるの?」

「それで どう変わるの?」

そんな質問が飛び出し

 

税理士を変えたら1年で

乗っていた車が

キューブから

エルグランドに変わりました

 

参加者全員が

「え〜 それは興味有る!」

会場の雰囲気が一変しました

 

伝票の取り扱いが変わった

財務諸表がわかりやすくなった

それが現実であることは

間違いないことですが

 

読者や参加者が知りたいのは

それで どう変われるのか

そこなんだよね!

 

今月のセミナー

ホームページとブログのSEO

これの原稿を見て

あまりにも興味を引き難い

これじゃ参加申し込みが無いわけだ

・・・深く反省

 

そうそう 今月号の

トムキャット通信に

メールマガジンの案内を掲載

・・・

しかし 申込みページを

書いていないという

これも悪い見本でした

 

ここで紹介させていただきます

メールマガジン
一歩踏み出すマーケティング

メールマガジン版情報発信で活!


mokomix at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)仕事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
コメント



tomcat.co.jp & web-seminat.jp
ホームページ制作/ マーケティングセミナー/ 中小店は情報発信で活!/