セミナー行こうよ!

2008年04月10日

集めるのか集まるのか

集客を考えるときに

集めることと

集まることは

似ているようで 全く違う

 


手法の違いについては

何度も説明してきましたので

手法の前後を考えてみましょう

 

集めている場合は

次も同じ作業が必要になる

レバレッジが効かない

手間や費用がかかり続ける

・・・

 

なぜかといえば

集客の結果や 参加人数ばかりに

意識が集中してしまい

集まったひとが

納得してない 喜んでない

 

喜んでくれる内容ならば・・・

また その内容を伝えられれば

お客様が自ら来てくれます

(↑これが 集まるということ)

喜んでいれば 知人を誘ってくれるかも

(↑これが 口コミのレバレッジ)

レバレッジ効果が無いから

次回もその次も

全く同じ手間と費用がかかる

 

集まると集めるの違いは

気がつきにくいかもしれないけれど

全く違うもの・・・

 

 

昔〜むかしのことだったが

ある団体で イベントを行った

 

目標人数に達するまで

リーダーは毎日

メンバーに電話を入れる

リーダーはそれを本部に報告

 

いやぁ〜

軍隊みたいだな

 

 「その イベントの内容とか

 お客様に薦めるポイントなど

 教えていただけますか?」

内容を全く知らない私は質問した

 

 「何を言っているの

 とにかく 良いのだから

 売ってきなさい」

押し売りでもしてこいというのか?

 

本部やリーダーは

長年これでやってきたから

不安も疑問も感じないのだろう

 

むしろ

会議でゲキを飛ばしたり

組織行動を操ることに

快感を感じているのかもしれない

 

 

私も まだまだ

集まるマーケティングを

目指して 研究中ですが

「集める→集まる」の

脱皮は必須だと感じてます


mokomix at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)仕事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
コメント



tomcat.co.jp & web-seminat.jp
ホームページ制作/ マーケティングセミナー/ 中小店は情報発信で活!/