セミナー行こうよ!

2008年08月22日

帰りやすさを作り出そう!

今日は「帰りやすさ」についてです

先日から読んでいただいている方は

どうすれば 帰りやすいのか?

考えてみていただけたでしょうか

 


すみません

私もハッキリした答えは

出ていません

 

 

入店したとたんに

店員さんが付いてくる

または

絶えず店員さんの視線を感じる

このような店は

息が詰まります

 

逆に 入店したことにも

気がついていない・・・

これも寂しいものがあります

 

あくまで私の感じとしては

居心地の良い田舎の中小店は

店員さんが適度に急がしそうで

入店したら 明るい挨拶があり

「ご用がありましたら声をかけてください」

このような感じが好きです

 

この例は 個人差が大きいでしょうし

私が考える部分とは

違うかと思いますので

接客術は その専門家の意見を参考に・・・

 

 

私が考える「帰りやすい店作り」は

お客様と対等な立場を作ることです

 

方法の一つとして

100円ぐらいの商品を

店頭に置いたらいかがでしょう?

 

平均単価が数十万円する

木工家具屋さんだったとします

中小店だから小さな入口は1つ

店内にはいくつかの家具とパンフレット

その奥では商談などに使うテーブル

更にその奥には工場がある・・・

 

想像してくださいね・・・

 

入店したとたんに

待ってましたとばかり

「どうぞこちらへ」とテーブルを指差し

お茶にケーキまで出てきたら

帰りにくい典型的なパターンです

 

それが・・・

 

店先に木っ端で作った小物を

100円ぐらいで売っていたらどうです?

キーフォルダーでも置物でもOK

 

「これください」と入店して

店の雰囲気が合わなくても

店長と気が会いそうもなくても

100円払えば

お客様は堂々と帰ることが出来ます

 

ほんの僅かな金額でも

お客様に支払っていただくことで

お客様が対等な立場になるのです

 

もちろん そこで

店の雰囲気や店長を気に入れば

100円払う時に

「これ かわいいですよね」とか

会話が始まることでしょう

 

 

これが無料では対等にならない

あまり高価でも意味が無い

 

それと 無料ではいけない理由が

もう一つあります

 

お店側としても

無料に集まってくるお客様よりも

モノの価値にお金を払う気がある

そんなお客様だけが集まってくる

フィルターになるのです

 

 

スミマセン!

すご〜い 荒削りな提案でした

 

小物を売るという事実よりも

通りを歩いているお客様が

店内に足を向けていただくためだけでも

 

何十通りの試行錯誤を繰り返し

やっと

あなたの正解が見つかるということ

 

あなたの正解というのは

他の人の正解を真似しても

結果に繋がることは

ほとんど無いのです

 

だから

勉強したり研究しているだけでは

何も進むことは無いのです

私が好きな言葉として

1勉強して10行動!

 

このブログを読んで

共感していただいた方は

帰りやすさを作るために

10ぐらいは試してみてください

何かしら発見があるはずです!

 

 


え?100円で売れるようなものは無い?

いや〜

モノにこだわる必要は無いのです

 

7月に書いたブログを思い出しました

つまらないコトを考えよう!
http://moko.livedoor.biz/archives/50262628.html

凄く暑かった日でした

ガソリンが高かった

道を歩く人は汗をかいている

その人たちにウチワを売るサービスなら

別に八百屋さんでも魚屋さんでも

かまわないのですよ

店内に入ってきてくれる

きっかけを作るだけですから〜

 

 

え?え?え?

100円で売ったって

たいした売上にならないですって・・・

そう思った人は

もう一度「何がしたかったのか」を

思い出してくださいね。。。


mokomix at 23:59│Comments(2)TrackBack(0)仕事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by くりやん   2008年08月23日 10:34
いい話ですね!

うちも余裕が出来たらそこまでやりたい!

売れ始めたらお客さまが帰りやすい環境を作る。。。

こういうことは先にやらなければいけませんね。

そうすると。。。
2. Posted by なかざわ   2008年08月25日 13:18
くりやんさんコメントありがとうございます

> いい話ですね!
ぽoOOーO屋のオヤジに
教えていただいた話ですよ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
コメント



tomcat.co.jp & web-seminat.jp
ホームページ制作/ マーケティングセミナー/ 中小店は情報発信で活!/