セミナー行こうよ!

2009年04月06日

従業員さんは理由を語れますか?

ホームページ制作の作業

その会社の誰が担当するか?

中小店が主な取引先の弊社は

社長さんであることが多いです

少し大きな会社になると・・・


ホームページ制作の担当者が

社長さん以外と言う事が多いです



どのような担当者が多いかというと

  若い人

  パソコンが得意な人

  などなど・・・

非常に困った事になります



自分の勤めている会社で

なぜ それを売っているのか?

その商品には どのような理由があるのか?

そんなこと 一切知らない担当者です



そのような理由を言葉に出来ない

社長さんも多いのは確かですが

社長さんならば

私のつたないヒアリングでも

いろいろ聞きだすことができます



しかし 全く意識の無い担当者さんでは

聞き出しようも無いのです



先日 錦鮨さんと話をしました

新人さんの意見に耳を傾けるのも大切だが

自分の会社が何であるのかを

徹底的に伝えるのが先だよね〜

郷に入れば・・・の 郷に入れてあげる作業


郷に入った担当者ならば

ホームページ制作の打合せ等で

会社を商品を考える事で

勉強になったり

気付いたりする部分も 多いはずです



しかし 郷に入っていない担当者さんに

会社や商品を語らせるコトは

無理があると思います



従業員さんが

理由を語れる会社と

語れない会社では

雲泥の差がつきます



別な考え方をすれば

社長さんは従業員さんに

理由を語れるようにする事が

一番大切なことなんだと

ツクヅク感じます



中小店には

職人気質の叩き上げ社長さんが

多いのです

そういう社長さんは

語るのが下手だから

語れるように教えられない

だから「見て覚えろ!」と言う



そんな 職人タイプの社長さんにこそ

ブログを書くことをお奨めします

毎日〜仕事に関する事

現場で感じた事 思った事 気付いた事

文章の美味い下手ではない

文字にする事が

とても役に立ちますから


mokomix at 23:59│Comments(2)TrackBack(0)仕事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 塩原温泉彩つむぎ女将   2009年04月09日 15:25
私が日頃考えていることをズバリとおっしゃってくださいました。私自身は一人分の体しかありませんので、私の考えている事をいかにスタッフに伝えるか・・・最も大事にしていることです。
「私のブログも毎日見なさいよ」と。それでも見ないスタッフがいるのですから、困ってしまいます(>_<)
2. Posted by なかざわ   2009年04月10日 06:58
塩原温泉彩つむぎ女将さん
コメントありがとうございます

仕事をしていて
最も難しいコトの1つですね

彩つむぎさんのブログは
社内に向けての情報発信の役目も
シッカリ果たしていると感じます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
コメント



tomcat.co.jp & web-seminat.jp
ホームページ制作/ マーケティングセミナー/ 中小店は情報発信で活!/