セミナー行こうよ!

2010年12月07日

写真に想いを込めるということ

昔からセンスが良かった

だから キレイな写真が多かった

だけど 最近

さらに磨きがかかって

いい味を出している

写真を撮るお客様がいる


私が・・・

「最近の写真 一段と良くなりましたね!」

そう言ったら

少し考えてから

「写真に想いが入るようになった気がする」

そんな返事が返ってきました



商品の写真を撮るときに

ただ 写っていればいいと

思って撮った写真は

やっぱりそれなり・・・



技術や道具ばかり良くて

さっと 撮った写真は

きれいに見えるが

そこで終わり



想いが乗った写真は

見る人の想いに語りかける



美味しそうなイチゴがあった

それを言葉で伝えるときに

どんな言葉を使うかがヒントだ



みずみずしいなら みずみずしく

大きいなら 大きく

赤いなら 赤く



何を伝えたいか?

それを撮ればいいのだ


mokomix at 23:59│Comments(1)TrackBack(0)仕事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 鹿沼の商人5年生   2010年12月15日 06:42
>想いを込める


って、

中沢さんが、ず〜〜〜〜と仰っていることですよね!?



写真も含めて

いろんなところで共通しますね^^



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
コメント



tomcat.co.jp & web-seminat.jp
ホームページ制作/ マーケティングセミナー/ 中小店は情報発信で活!/